スポーツジム・エステ・クリニック…導入企業増加中!お得な価格・アフターサービスが充実した3Dボディスキャナーサービスを紹介します!

オーダーユニフォームや衣装に3Dボディスキャナーが最適な理由とは?

公開日:2020/01/01  最終更新日:2020/01/10

3Dボディスキャナーはさまざまな用途に活用することができますが、アパレル関係の仕事にも使用することができます。特に3Dボディスキャナーがその機能を生かすことができるのがユニフォームや衣装などを作製する場合です。一人一人に別の大きさの衣服を作らなければいけない場合にこそ、その機能を最大限に発揮することができる機械です。

大量の注文でもスピーディーに製作できるメリット

3Dボディスキャナーは特に個人用として使用する衣料品を製作する場合に、その機能を効果的に発揮することができる機械です。こうした衣服を製作する場合には一着一着の洋服をオーダーメイドで製作しなければいけない場合も多いですが、そのような場合には、衣服を着用する人の体型を正確に測定してから、衣服を実際にデザインする必要があります。

このようなタイプの製品でも製作する衣服の数が限られていれば、時間をかけて一人一人の体型を測定して衣服をデザインすることができるのですが、問題になるのが大量の注文のオーダーメイド製品を作製する場合です。洋服を着用する人の体型を一人一人正確に測定して、そこから衣装の大きさのデザインを繰り返す場合、厖大な時間が必要になります。

時間が十分に与えられている場合には良いのですが、問題になるのが大量のオーダーメイドの注文の納期までの時間が限られている場合です。このような場合には、より効率的にオーダーメイドの衣服を製作できるようなシステム作りが不可欠になります。

そのような場合にあると便利なのが3Dボディスキャナーで、大量のオーダーメイドの衣服の注文があった場合でも、依頼者一人一人の体型を、機械を使用して短時間で測定することができるので、洋服製作のスピードを効率的に向上させることができます。速いだけでなく、データが正確なのも大きなメリットです。

ユニフォームの作製にも役立つ機械

大量のオーダーメイド衣服の注文の典型的なものが、店舗や病院などで使用するユニフォームを製作する場合です。店員が同じ衣装を着て働く必要がある職場などは、一人一人の店員の体型に合わせたユニフォームを大量に作製する必要がありますが、問題となるのは、お店が新規に開店をする場合などです。

このような場合には、大量のオーダーメイドユニフォームを一度に製作する必要があることから、仕事を依頼されたメーカーでも、効率的に作業を進める必要があります。3Dボディスキャナーがあれば、一人一人の店員の体のサイズを短時間で正確に測定できるので、時間をかけずにオリジナルユニフォームを作製することが可能です。

特に身長や体重が異なるさまざまなタイプの人が、同じユニフォームを着て働く職場の場合には、3Dボディスキャナーによる正確な測定は、非常に大きな役割を果たすことができます。体のサイズにあったものを一人一人の従業員が着用することで、効率的に働くことができるので、仕事の能率を向上させるためにも役立ちます。

工場などで使用するユニフォームを作る場合にも、3Dボディスキャナーは効果的に活用することが可能です。スポーツクラブのユニフォームを作るときにも使用することができ、動きの多いスポーツで着用するユニフォームの場合でも、着る人が動きやすいオーダーメイドの衣装を、正確なデジタルデータで作製することができます。

オリジナル衣装の作製にも活用できる機械

3Dスキャナーは衣装を製作する場合にも効果的に使用することができます。演劇や音楽の発表会などで、オリジナルの衣装を作製する場合、着用する人の体型に合っているということが非常に重要になります。

特に舞台の上に立つことを前提にして着る衣装の場合には、多くの人の目に見られるために、通常の衣服よりも細かな製作上の配慮が必要になります。このようなタイプの衣装を製作する場合には、より入念に衣装を着用する人の体型のデータを測定する必要があるのですが、そうした場合でも3Dボディスキャナーはその能力を最大限に発揮することができます。

手作業で測定する場合には、測る人の技術や経験などによっても、長さに微妙な差が生じる場合がありますが、3Dボディスキャナーならば、誰にでも正確なデータを測定することが可能です。機械で科学的に測定されたデータを使用して、衣装の大きさをデザインすることで、着る人の魅力をより引き出すことができる衣装の製作が可能になります。

3Dボディスキャナーならば、頭や胴体だけでなく、手足の長さや大きさなども正確に測定することができるのもメリットです。オーダーメイド衣装を製作する場合には、手足の袖の長さもデザインで重要な意味を持っていますが、正確なデータに基づいた衣装を作製することで、動きやすいだけでなく、見た目の印象もよくなるので舞台の上でも映えるのが魅力です。

 

衣服の製作にも活用することができる3Dボディスキャナーは、衣服製作を事業として行っている企業が、オーダーメイドの衣服を大量に製作する場合にも便利な機械です。ユニフォームや衣装など、様々なタイプのオーダーメイド衣料を製作するのに役立ちます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧