スポーツジム・エステ・クリニック…導入企業増加中!お得な価格・アフターサービスが充実した3Dボディスキャナーサービスを紹介します!

アスリートの育成に3Dボディスキャナーが有効だと言われる理由とは?

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/25

健康志向な風潮が高まる中、自分の理想とする身体作りやアスリートの方のトレーニング場としてフィットネスジムは重宝されており、そんな身体作りの場の必須アイテムとして3Dボディスキャナ-を取り入れている店舗が多くなってきています。ここではアスリートの育成と3Dボディスキャナ-の関係性についてお伝えします。

身体の状態を知る

まずアスリートの育成をする際には、その人の身体の現状を知る必要があります。どのジャンルのアスリート育成かによっても、鍛えるべき身体の箇所は異なるでしょう。

例えば長距離の陸上選手であれば、継続的に走り続けることが出来る筋肉をバランス良く全身につけることがポイントとなることでしょう。水泳選手であれば、一般的によく言われる逆三角形のような身体になるように筋肉をつけていくことが理想です。

また、もともと持っているその人の身体の特性もあることと思います。それこそ男女では筋肉量の違いによって筋肉のつけやすさなどが異なってきます。

このような自分の現在の身体の状態や特徴などを知るために、3Dボディスキャナーを活用していくと効果的です。基本的には同じような機能を兼ね備えていますが、3Dボディスキャナーを販売している会社によってもわかる身体の状態が異なります。

このように3Dボディスキャナーでトレーニング前の身体をしっかりと把握することで、より具体的にどこをどう鍛えていくべきなのかが分かります。トレーナーの方だけでなく、トレーニングを受ける本人も現状をしっかりと知ることでより目的が明確になります。

身体のちょっとした歪みもアスリートの育成には大きく左右してきます。歪みに気づかないままトレーニングを重ねてしまうと偏った筋肉がついてしまいます。

そういった面でも、3Dボディスキャナーで細かく身体の状態が理解できることはとてもメリットとなることでしょう。また目的が分かることで、トレーニングにも活気が出ることにも繋がります。

トレーニング途中の状態を知る

いざトレーニングをスタートさせたときに、感じることとしては身体の変化はどれくらいあるのかということです。トレーニングを始める前から、トレーニングを始めた今ではどこがどのように変わりつつあるのかということを実感できることはとても重要です。

今までは体重や体脂肪率などを見て、どれくらい変化があるのかを計測していることが多かったと思います。しかし3Dボディスキャナーであれば、トレーニングの途中経過も細かく把握、実感することが出来るのです。

目にはなかなか見えないわずかな変化も映し出してくれることになります。アスリートの育成は、目標となる大会へ向けてトレーニングを積むことや海外の強豪チームに入り、鍛えていくことなど決められた期間の中でいかに成果を出していけるかがポイントであると考えられます。

そのため、トレーニングを重ねてどれほど、どこの筋肉が発達しているのか、鍛えられているのか、目標とする数値まではあとどれくらいなのかなど身体の細かな箇所の状態を知ることが成果を出すための重要な点であると考えられます。

だからこそ身体の隅々まで、トレーニングが経過していくごとの変化をチェックしていける3Dボディスキャナーを使用することで、今までのトレーニング方法の見直しや、鍛えるべき箇所をその都度、確認していくことが出来ます

その結果、限られた時間の中でも目標により近くなるようなトレーニングメニューをこなし、大会などで良い結果を残すことへも繋がっていくことでしょう。

目標選手の身体の再現が可能に

3Dボディスキャナーは、身体の状態を映し出すことが出来るため、目標とする選手の身体データがあれば、それを自分の身体と重ね合わせて比較することが出来ます。活躍しているアスリートの身体の筋肉のつけ方などを参考にすることで、自分に足りていない点が明確になります。

もちろん人それぞれの特性はあるので、あくまでも参考にということにはなりますが、データ化されることで今までは見えなかった筋肉や骨格が、活躍できるアスリートの育成に繋がるポイントになるということもあり得ます。

しかしトップアスリートのデータを入手することは現状、容易ではないため、すぐに活用できる方法ではないかもしれませんが、このような使い方も可能ではあると思います。

まとめ

今回はアスリート育成と3Dボディスキャナーの関係性についてお伝えしてきましたが、トレーニングを始める前も始めた後も、アスリート育成にはメリットとなる点ばかりだと感じます。

特にアスリート育成は細かな身体のバランスやちょっとした筋肉量の違いでパフォーマンスの良し悪しが決まってくるため、3Dボディスキャナーのように身体の細部まで見ることが出来る点はとても有効であると言えるでしょう。

普及しつつある3Dボディスキャナーを、アスリート育成でも積極的に取り入れていくことをおすすめします。

【性能別】3Dボディスキャナーおすすめ3選
サイト内検索
記事一覧

3Dボディスキャナーランキング

商品画像12345
商品名i-bodyStyku(スタイク)スペースビジョンVITRONICサイズストリーム
特徴国際特許取得済の3Dボディスキャナー持ち運びも可能な3Dボディスキャナー世界初のポータブル3Dボディスキャナー幅広い事業を手掛ける、ドイツの老舗企業世界各国、さまざまなシーンで導入されている
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら