スポーツジム・エステ・クリニック…導入企業増加中!お得な価格・アフターサービスが充実した3Dボディスキャナーサービスを紹介します!

新時代の到来!ボディスキャナーの原理はどうなっている?

公開日:2020/01/01  最終更新日:2020/07/10

ボディスキャナーとは、大型の3Dスキャナーで主に人間の身体の形状をコンピューターに読み込ませるための装置です。以前は高価なものであり、またその用途についても定まっていないものでしたが、現在では多くの分野で使われるようになっています。

ボディスキャナーの原理について

ボディスキャナーの仕組みは一般に見られるスキャナーとは異なるもので、正確に計測を行う3Dスキャナーとも原理が異なります。スキャナーにはさまざまな計測方法があり、文章を読み取るようなものは光を当てその反射を読み取ることで行いますが、この場合には平面的で濃淡を読み取るものです。

一方で、3Dスキャナーの場合にはセンサーを接触させたり、レーザーを使うことにより行うものですが、センサーを接触させる場合には時間もかかり効率的ではありません。このため物体を計測するものにはレーザーが用いられています。

しかし、レーザーは物体を反射するため衣類を来ている場合にはそれらも計測されるものです。ボディスキャナーの原理は、電磁波を使った方法でこれにより人体に照射しても安心に形状を測ることができます。

より高度なスキャンを必要とする場合にはX線を用いたものがありますが、民生用として手に入れることができるものは電磁波を使ったものが中心です。より安全性を高めたものでは赤外線を用いたものが使われますし、表面だけを簡易的に計測するものではデジタルカメラで多角的に瞬間的に撮影したものを処理することで計測するものもあります。

精度については使われる電磁波の感度によって変わってきますが、計測点が多いほど正確な形状を記録することができ、約100万点以上になれば精密な情報を取得することができます。また体脂肪計などと組み合わせることで、身体の内部の情報を知ることも可能です。

ボディスキャナーを導入している業界

ボディスキャナーを導入している企業としては、フィットネスジムや痩身エステなどが代表的な存在ですが、このほかにもアパレル関係でも導入事例があります。フィットネスジムや痩身エステでは、身体を作る際にその成果をデジタルデータとして取得して実感してもらうものです。

特に目ではわかりにくい変化もボディスキャナーを使うことですぐにわかりますから、それらのデータを活用することで、より成果を出しやすくなります。それにフィットネスジムにしても痩身エステにしても成果が出ているとわかれば、それだけお客さまも満足することができます。

アパレル業界の場合には、お客さまの体型を正確に計測するという点でメリットがあるものです。これまでの計測では、人がメジャーを使って行う必要があり、時間がかかるものですが、スキャナーを用いることで、数秒で済ませることができます。導入を行っている企業は、まだ少ないですが特に女性の下着についてはメリットがあるようです。

身体にフィットする下着は身体に合ったものでなければ、身体の不調の原因になりかねないものですが、計測されることに恥ずかしさを覚える場所でもあります。このような事からお客さまのプライバシーを守るために、個室でAIと会話をしながらボディを計測するボディスキャナーが導入されており、お客さまにとってベストサイズの下着を知るといった点で使われています。

導入する時のポイントと装置の価格は?

ボディスキャナーは、導入がしやすくなったとはいえ、気をつけなければならないポイントもありますし、装置の価格にも違いがあります。導入時のポイントは設置する際の場所です。大きな装置ではより正確で、すばやくスキャンすることができますが、設置場所を広くとれない場合には機能を抑えて省スペースでも設置可能なものを選ぶ必要があります。

またスキャン時間も早いものでは1秒未満ですが、簡易的に設置するものでは30秒から40秒程度の時間がかかるものです。それと取得できたデータを活用するソフトウェアも必要になりますが、お客さまに提示するような場合にはスマートフォンやタブレットで見せることができるものを選ぶのもポイントになります。

価格は装置だけであれば、以前は100万円近くしましたが現在では数十万円程度と下がっているものもあるようです。これはボディスキャナーの用途が広がり市場のニーズが増えてきたことで、参入する会社が増えたことによるもので、機器も用途に特化することでコストを削減しているものもあります。

また、ボディスキャナーは、購入するのではなくリースやレンタルという方法で手に入れる選択肢もあります。ボディスキャナーは基本的にプリンターなどの機器とは異なり消耗品はありませんから、メンテナンスを頻繁にする必要はありませんが、装置を定期的にメンテナンスした方が正常に作動させることができるでしょう。

 

ボディスキャナーは、さまざまな分野で使われるようになってきており、その用途に特化したものもあります。導入して活用するのはその業界の努力になりますが、客観的なデータを得られることで説得力にも繋がりますから、お客さまに満足していただける結果を得やすくなるでしょう。

【性能別】3Dボディスキャナーおすすめ3選
サイト内検索
記事一覧

3Dボディスキャナーランキング

商品画像12345
商品名i-bodyStyku(スタイク)スペースビジョンVITRONICサイズストリーム
特徴国際特許取得済の3Dボディスキャナー持ち運びも可能な3Dボディスキャナー世界初のポータブル3Dボディスキャナー幅広い事業を手掛ける、ドイツの老舗企業世界各国、さまざまなシーンで導入されている
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら