スポーツジム・エステ・クリニック…導入企業増加中!お得な価格・アフターサービスが充実した3Dボディスキャナーサービスを紹介します!

【人間ドック】での3Dボディスキャナーの利用用途と期待できること

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/07/14

3Dボディスキャナーは近年注目されている機器であり、身体サイズの細かな測定が行えることから利用価値があるジャンルでは既に活用されています。人間ドックにも使えるかもしれないといった声もありますが、3Dボディスキャナーを人間ドックに使う際の利用用途や期待できることはなんでしょうか。

3D技術のボディスキャナーとは

3Dボディスキャナーとは、全身を360度スキャンして身体を立体的に見ることができる機器です。専用のスキャナーで全身の数値をデータとして取り込み、画面上で立体的に視覚化してサイズなどを細かく知ることができます。

現在は普及レベルの浸透度・認知度ではありませんが、フィットネスジム・痩身美容外科・アパレル関連のお店などで導入されています。仕様はメーカーごとで異なり、測定時間・設置領域・スマホアプリ対応の有無・お問い合わせ方法・特徴などに違いが見られます。

計測時間はいずれも秒単位ですが、0.8・4・12・30・40秒などメーカーで数十秒の差があります。設置領域もまちまちで、211.2cm×131.2cmのところもあれば、257cm×168cmや縦横240cmのメーカーも存在します。

特徴も実に様々ですが、国際特許取得・持ち運び可能・持ち運びと設置型と顔専用の3タイプを用意・出張サービス・個人向けサービス・格好を問わずスキャン可能・タッチパネル式でセルフ操作も可能などがあります。

3Dボディスキャナーを選ぶ時にはいくつかあるメーカーをよく調べた上で検討し、必要な理由・利用の目的に合った特徴を持つメーカーを選ぶと良いでしょう。

人間ドックで考えられる利用用途

人間ドックは、日本独自の発想で誕生した健康診断の一種です。予防医学の観点で実施されているため、自覚症状の有無を問わず定期的に受けることが勧められています。

実施場所は病院や診療所が基本で、身体の各部位を精密検査にかけます。それにより普段は気付きにくい異常部位や疾患の存在を特定あるいは推測し、人間ドックを受けた人の健康度を確認する目的があります。

現状では3Dボディスキャナーを人間ドックに導入することは行われていませんが、ミリ単位でスキャンできる高機能タイプを使用すれば、身体の微細な変化にも気付けるメリットが健康面でも良い方向に働くかもしれません。

健康診断における基本は体重と身長の測定であり、生活習慣病についての問題が言われるようになってからは脂肪量にも重点が置かれるようになっています。体重は健康的な平均数値が定められており、その範囲であることが最も病気になりにくいと言われています。平均値は身長との兼ね合いで決まりますが、基本的な部分である体格の面を細かく調べられる3Dボディスキャナーは人間ドックでも需要が見込めるかもしれません。

しかし、人間ドックで体格を細かく調べる必要はないのではと思われることもあります。確かに一理ありますが、平均体重でも脂肪の付き方に偏りがある場合には健康問題が疑われます。病気や異常を起因とする体格変化もあるため、人間ドックにおいてそういった本人が気付いていない変化を知ることには3Dボディスキャナーが役立つかもしれません。

人間ドックへの導入で期待できること

3Dボディスキャナーを人間ドックに導入すると、細かな体格変化や姿勢の歪みなどの発見ができるようになることが期待できます。病気の中には体格の増減に影響を与えるものがありますが、初期の段階では本人も自覚していないケースがあります。生活にこれといった変化がないのに体格に変化がみられる場合は命にかかわる病気の影響であることが少なくないため、減少の兆候を早い段階で気付けることは、早期治療の概念で行われる人間ドックに有益な効果をもたらす可能性があります。

人間ドックでは痩せている方が良いという概念はなく平均値が大事なので、体格の増減を細かくみることでどこをどうしたら良いのかという対策も考えやすくなるでしょう。

また、体格には筋肉の具合も含まれます。これまでは広く言われていませんでしたが、最近はメディアでも年齢問わず筋力が大事であることを促しています。第二の心臓と呼ばれるふくらはぎの適切な筋肉量は太さで分かると言われているため、他部位も含め筋肉量を体格から知ることができます。

 

現時点で3Dボディスキャナーは人間ドックに用いられていませんが、体格測定・筋肉量の推測・姿勢の歪みなどの体の変化について発見する際に役立つ可能性があります。比較的新しい技術および機器の3Dボディスキャナーが、ジム・エステ・アパレルだけでなく医療面でも期待のある存在です。

【性能別】3Dボディスキャナーおすすめ3選
サイト内検索
記事一覧

3Dボディスキャナーランキング

商品画像12345
商品名i-bodyStyku(スタイク)スペースビジョンVITRONICサイズストリーム
特徴国際特許取得済の3Dボディスキャナー持ち運びも可能な3Dボディスキャナー世界初のポータブル3Dボディスキャナー幅広い事業を手掛ける、ドイツの老舗企業世界各国、さまざまなシーンで導入されている
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら