スポーツジム・エステ・クリニック…導入企業増加中!お得な価格・アフターサービスが充実した3Dボディスキャナーサービスを紹介します!

3Dボディスキャナーの測定方法の流れを知っておこう

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/03/04

昨今、3Dボディスキャナーが病院やフィットネスジム等に広がり始めていますが、レントゲンやCTの様に大きい認知度にはまだ及んでいません。名前は聞いた事があっても、測定方法までは知らないという声も多いです。

そこで今回、3Dボディスキャナーの基本や、測定方法の流れ等チェックポイントを紹介していきます。

そもそも3Dボディスキャナーとは何か

3Dボディスキャナーは最新のテクノロジーが筋肉、骨格、脂肪の付き具合や体の歪みと言った物を立体的に測定してくれる機材です。

体の中身をチェックするという点で、レントゲンやCTと同じ様なイメージを持つ人も多いですが、今までの測定法は2Dのデーターを組み合わせて、3Dの様子を推測していくスタイルが主流でした。それには長年の経験が必要ですし一部の専門家には理解出来ても、一般人の立場では説明されても良く分からない様な事も多く、場合によってはデータの読み間違いだったり、クライアントに伝えた内容が曲解されてしまう様な事案も多いです。

ですが3Dボディスキャナーでしたら、具体的に何処がどういう状態になっているのかを、体を透かす様に目視する事が可能な分だけ、誤認の心配は格段に減ります。2Dデーターを3Dに変換する手間が無い分だけ、仕事がスムーズに進むと考える事も出来ます。

しかも、筋肉の歪み等も読めますので、フィットネスジムや病院でのリハビリ等で先が見えないままに、トレーニングを続けなければいけない様なシチュエーションを激減させる事も期待出来ます。家庭用の物もありますので、自分でも使う様にすれば、トレーニングから無駄が随分省けます。

病院やジムへ行くにしても、結果が目に見えて分かるのとそうで無いのでは大きい違いが出る物です。各種衣服メーカー等もその潜在力に注目し始めており、これから3Dボディスキャナーはこれからどんどん普及が加速していくと思われます。

3Dボディスキャナーの測定の流れ

メーカーによる多少の違いはありますが、バリウムを飲む等の特別な段取は特に要りません。服はデータ使用の目的による違いはありますが体型が分かりやすい物を選んで、機材の中に入って5秒程度待った後に、タブレットで測定結果をチェックするだけです。

ただ、髪の毛が長かったりすると多少の誤差が出る事もありますし、測定中に動いたりしても狂いが起きる事もありますので、その辺だけは注意しないといけません。飛行機の搭乗時の所持品チェックの段取でスキャナーを通る事がありますが、基本的にそれと同じ様な段取と考えると齟齬が無いです。

メーカーの違いの方も差ほど心配する必要は無く、大抵の機種には音声ガイダンスが付いていますので、スイッチを入れたら後は指示に従って、機械の中に入っていれば後は自動で結果が出て来ます。町中にある証明写真の撮影の経験がある人でしたら、同じ様な物を想像すると分かりやすいです。

後は実施した先の施設の方針にもよりますが、測定データーのプリントアウトだったり、自分のタブレットへのデーター転送をしてもらうだけになりますが、此処は有料サービスの物もあれば、無料な場合もあります。

測定されたデーターの内容は、フィットネスジムでしたら、トレーニング前のシルエットと現在のシルエットを重ね合わせた物だったり、胴体内の脂肪がどの程度減ったかを可視化した物だったりする事が多いです。事前に目標とする体型を入力しておくと、それを達成する為に必要な運動法やカロリー調整の方法が出る物もありますので、後は専門家にチェックしてもらったり、自分なりに指示通りのトレーニングを続けるだけになります。

3Dボディスキャナー使用時の疑問

妊娠している場合の3Dボディスキャナーの使用はどうなのかという声もありますが、レントゲン等と違って放射線を使ってはいません。使用しているのはセンサーだけなので、特に問題無く使えます。

後は比較的自由に使う事が出来る機材ではありますが、2人以上で機材の中に入って測定する物ではない事もチェックしておいた方が良い部分です。他にも、体型関係の問題で一定の基準以上の体型をしている場合には、機械の処理範囲外になる事があるのも注意事項になります。

下着メーカーでの導入例では、処理範囲外の場合は常駐スタッフがメジャーで計測するという事も確認出来ます。測定時間については、計測自体は5秒で済みますが、着替えだったり各種資料のプリントアウト等の時間を込みとして15分前後と考えておけが齟齬がありません。

年齢制限の方も特には無いのですが、ただ、機械に入っている基本データが成人男女の一般的な物を基準にしていたりすると、対応範囲外の人のデータが正しく出ない事もあります。思春期前の子供等が分かりやすいですが、気になる場合は施設のスタッフに早い段階で聞いた方が無難です。

そして此処が最も重要ですが、何らかの身体的問題を改善する為に使っている場合は、3Dボディスキャナーに頼る他に専門家の意見を聞く段取を入れる様にして下さい。体の状況をとても分かりやすく教えてくれる機材である事は間違いありませんが、問題を根治させる機材ではありませんので、そこは特に注意が必要です。

 

筋肉や骨や脂肪の付き具合等を3Dで分かりやすく教えてくれる機材が、3Dボディスキャナーです。バリウムを飲む等の難しい段取無しで、機材の中に入って5秒ほど待てば体の正確な情報を分かりやすく教えてくれます。今後のトレーニング計画考案や、自分に合った服の準備にとても役立ちますが、何かの怪我や病気の対策として使う場合には、機材に頼り切らず何処かで専門家に診てもらう段取を入れる事が重要です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧