スポーツジム・エステ・クリニック…導入企業増加中!お得な価格・アフターサービスが充実した3Dボディスキャナーサービスを紹介します!

事前に確認3Dボディスキャナーの設置場所に条件はあるのか?

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/07/10

3Dボディスキャナーの設置場所には、いくつかの条件があります。スキャナーが正しく作動する条件を満たしていないと、正確なスキャンが出来ず、せっかく高額で導入したボディスキャナーが無駄になってしまいます。3Dボディスキャナーを導入する前には、ボディスキャナーの設置場所の条件を確認しておきましょう。

3Dボディスキャナーの設置場所の広さ

3Dボディスキャナーを設置するには、まず物理的に設置可能な広さが必要です。スキャナーを導入するのにどの程度の広さが必要になるかは、当然ながらスキャナーの大きさ、規模によっても変わってきます。

一般的なスキャナーは、赤外線やレーザーを発する装置と受信するセンサーが一つになったスキャナー本体が1~4個あり、その真中にユーザーが乗るターンテーブルがあります。これらの装置をケーブルでつなぎ、コントロールするPCにソフトウェアを組み込んでスキャンを行います。

スキャナー本体が物理的に搬入可能なのかどうかはもちろんですが、正確なスキャンを行うためにはスキャナー同士やターンテーブルがある程度の距離を保っている必要があります。スキャナー自体は小さくても、ターンテーブルから1~2m程度離して設置しなければならず、そのための広さがあるかどうかをメーカーに問い合わせて十分確認してください。

また、アパレルショップなどでは正確なサイズの計測のために衣服を脱いでスキャンする場合があります。このため、アパレルショップ向けのボディスキャナーは目隠しがついた個室のような形状になっているタイプも有り、このタイプのスキャナーは設置に工事を必要とする場合もあります。店舗の設計にも影響を与える大規模装置ですので、既存店に導入できるかどうかはよく確認しておいてください。

ボディスキャナーを妨害する光がないか

3Dボディスキャナーを設置できる広さを満たすスペースがあっても、次に問題になるのは「光」です。スキャナーは、機種によっても違いますが赤外線やレーザー光線を使用してユーザーの身体サイズを測定する装置です。

光の速度は常に一定ですから、ユーザーに向けて照射した光が身体に当たって跳ね返ってくるまでの時間を計測することで正確な距離を測定できます。この原理を利用して、ユーザーの身体のサイズをミリ単位で正確に測定できるのです。

このような精密な機器ですから、スキャナーが発した光以外の光が干渉することによって、スキャン結果はズレてしまいます。特に、強力な赤外線を含む太陽光が差し込む部屋では、まず間違いなく正確なスキャンは出来ません。

窓の近くで直射日光が当たっていなくても、部屋の中のあらゆる物に反射して太陽から来た赤外線が飛び回っています。スキャナーの精密なセンサーは、これらの光も全て捉えてしまうため、ボディスキャンどころではありません。

太陽光を遮断できることが、スキャナーの設置場所として絶対の条件です。地下や窓のない部屋を用意するか、工事によって完全に太陽光を遮断する方法を検討しましょう。

この他にも、照明が白熱球やハロゲンライトを使っている場合は赤外線が発生します。スキャナーを設置する部屋の照明は、蛍光灯かLEDを用いる事が必要です。

ボディスキャナーを設置する際の電源、ネットワーク回線

スキャナーを設置する場所には、当然ながらスキャナー用の電源が必要です。ボディスキャナーは通常スキャナー本体・ターンテーブル・コントロール用のPCで構成されており、それぞれに電源が必要です。また、製品によってスキャナーの数も違い、スキャナー2本で動作するものもあれば、より精密に4本のスキャナーを使うタイプもあります。これら全てに十分な電力を確保できる事も設置の絶対条件です。

スキャナー自体は、大電力を消費するようなものではありませんが、使用するスキャン方法によってはそうとも言えない場合があります。赤外線でなく、レーザー光線はより強い光であるため通常のコンセントでは容量が足りず、別途電源工事が必要になる可能性もあります。

電源のほか、ネットワーク環境も大切です。ボディスキャナーはただのスキャン装置ではなく、スキャンしたデータをクラウドやオンライン上に送信して、様々な活用方法があります。例えば、スキャンしたデータをすぐにデータベースに送信して、体型にピッタリの服や下着を検索したり、定期的なスキャン結果と照らし合わせて体型の変化を見える化するなどの事例があります。

フィットネス業界でも体型の変化のチェックや、パーソナルトレーナーからの遠隔指導などに活用できるため、ネットワーク回線は必須です。送信するデータ容量自体は大きくないため、日本の回線であれば特に問題は無いでしょう。

 

3Dボディスキャナーを設置する場所の条件について解説させていただきました。こう見ると条件がかなり多いように思えますが、ボディスキャナーにはそれを上回る大きなメリットがあります。ライバル店に先を越される前に、いち早くボディスキャナーを導入して顧客満足度を高めてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧