スポーツジム・エステ・クリニック…導入企業増加中!お得な価格・アフターサービスが充実した3Dボディスキャナーサービスを紹介します!

企業が従業員の健康管理に3Dボディスキャナーを導入すべき理由とは?

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/03/04

3Dボディスキャナーが昨今、急速に普及していますが上手く使えば従業員の健康管理にも大きく役立ちます。ただ、3DボディスキャナーがレントゲンやCT程にはまだ普及していません。その為にどう使ったら良いのか疑問が出る事も多いです。

そこで今回、従業員の健康管理の為に3Dボディスキャナーを企業が導入すべき理由について見ていきましょう。

3Dボディスキャナーとは何?

機種やメーカーによる多少の違いはありますが、筋肉や骨、脂肪の付き具合や筋肉の歪み具合等を3Dに可視化して見せてくれるのが3Dボディスキャナーです。

体の中身を確認出来るという点で、レントゲンやCTと被る部分も多いですが、レントゲン等はその内容を理解する為にはある程度の知識や経験が要ります。分かりやすく骨が折れているのが分かる様な事もありますが、2Dの画像である分だけ目に見えない部分がどうしても出て来てしまいます。死角部分を補う為に、他の撮影方法を駆使する事等も考えられますが、それを3Dの状態に組み上げる中でどうしても零れ落ちる物は出ます。

それに対し、3Dボディスキャナーは立体的に体の中身を透かして見る事が出来ますので、死角が圧倒的に減ります。2Dを3Dに変換する手間が無い分だけ、その時間を問題の解決法の考案に当てられますし、ストレスが圧倒的に少ない事もメリットです。

多くの活用法があり、フィットネスジムでしたら、過去のデーターと比較して自分の体型がどの程度変わったかを確認出来ますし、筋肉の歪みを意識したトレーニング方法を作る事も出来ます。病院も同様で、1ヵ月前の自分と現在の自分がどう変わったのかを、医師や理学療法士に口頭で説明されるよりも成果を目視出来た方がモチベーションは全く違います。

使い方も極めて簡単で、設置された機材の中に5秒立って撮影すれば後は結果が即閲覧出来ますので、専門的な技師も必要ありません。これから、どんどん需要が増えていく事が見込まれています。

企業が3Dボディスキャナーを社内に置くメリットは何?

企業は社員の健康管理の為に、健康診断を実施しますが、その効果を高める為に社内に3Dボディスキャナーを置くというのも1つです。例えば、健康診断で体重や脂肪回りが大きいと指摘されたとしても、単に数字で示されただけでは今一歩実感が湧かない事も少なくありません。

人間は、今現在を全ての基準に置く生物ですので、余程酷い痛みでも無い限りは数字で聞いても、何処か他人事になってしまうという事です。仮に危機感を持ったとしても、運動部出身でトレーニング法等を即考案出来る様な人を除けば、効果的な対応は出来ません。

それに若い頃に運動部だったとしても、年齢による代謝の衰え等を意識した上で、改めてトレーニング法を考えるのはとても手間です。日々の仕事も忙しいのでしたら、だんだん考えるのも面倒になり最後には忘れてしまったりもします。

ただ、3Dボディスキャナーを導入すればそれらの問題をクリア出来ます。スキャナーは過去の測定結果と現代の測定結果をシルエットで対比させて分かりやすく教えてくれますし、必要な運動やカロリー摂取の方法を教えてくれる機能がある物もあります。

単に数字で示すのではなく、3Dの人物シルエット像で過去と現在の自分を比べて見せてもらえれば、より問題を喫緊の課題として感じてもらう事が出来ます。しかも常駐設置で、測定方法も専門技師が必要無く5秒で済む様な物でしたら、健康診断以前の段階で頻繁に使って体の健康維持をしようという社員が増える事も見込めます。

それに問題解決法を複数提案してくれる様な機能もあれば、対策法を手探りで調べる様な手間も減る分だけ、健康に関するモチベーションも維持出来ます。

3Dボディスキャナー導入の際の注意点とは?

放射線を使わずセンサーで測定するのが、3Dボディスキャナーですので妊娠中でも問題無く使う事が出来ます。空港の安全検査の際のゲートスキャンに似ていて、撮影しやすい様に服を着替えて機材内に入って5秒待って外に出て結果を受け取るだけですので、着替えとデータ精査の時間等を考慮するにしても大体15分位で終わります。

ただ、幾つか使用の際の注意点も無いわけではありません。 測定が簡単と言っても、複数の人数を同時に測定出来る様な機材では無いです。中のスペースはCTやMRIの様に狭いという事もありませんが、1人用の機材なので指定されている様に使う様にしないといけません。

他にも、中には基本になるデータが入っていますが、その範囲外になってしまうケースもある程度出て来ます。例えば20歳代の男女を基準にしたデータが入っているならば、それに基づいたアドバイスや測定結果が提示される事になります。それは30歳代以降には当てはまらない物に当然なりますし、体重が極端に重い人等の場合には、現実的では無いアドバイスが出て来る事も有り得ます。その点を考慮するのであれば、事前に機械に入れておくデータの範囲や処理対応の限界幅はしっかり見ておかないといけません

後は、あくまで健康維持の為の機材であって、病気を根治させる為の機能を持っているわけではないという事も周知徹底しておく必要があります。アドバイスを貰える機能がある物を使うにしても、医師の治療を要する症状がある場合は、やはり一定以上の注意が必要です。これらの部分をしっかりカバー出来ているのならば、とても高い効果が出来ます。

 

3Dボディスキャナーは筋肉や骨、脂肪や体の歪み等を立体的に示す機材です。測定結果は現在を基準に物を考える性質がある人間の性質を上手くカバー出来ます。

例えば社員に健康診断の結果等に現実感を持って受け止めてもらう点で大きいメリットがあります。後は機械の限界や注意点を周知徹底する事を忘れなければ、健康管理の為の定期的な運動習慣を社員に持ってもらう事も期待出来ます。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧