スポーツジム・エステ・クリニック…導入企業増加中!お得な価格・アフターサービスが充実した3Dボディスキャナーサービスを紹介します!

顧客満足度を上げたいなら今すぐ3Dボディスキャナーを導入すべき理由とは?

公開日:2020/02/01  最終更新日:2020/02/05

3Dボディスキャナーは、単に身体測定が便利になるだけでなく、顧客満足度の劇的な向上にも繋がります。顧客の身体のサイズを測定する場面では、ボディスキャナーを導入することで顧客に新たな体験を与え、満足度を高めることができます。

なぜボディスキャナーが顧客満足度の向上につながるのかを解説していきます。

アパレル業界の顧客満足度をボディスキャナーで向上

3Dスキャナーで顧客満足度といえば、第一に思い浮かぶのがアパレル業界です。既に、オーダーメイドスーツやオーダーメイドブラジャーの製作などで、3Dスキャナーを導入している企業がいくつかあります。

3Dスキャナーは、従来のように人間のスタッフがメジャーで測定していた時代に比べて、正確・早い・細かい測定をすることが出来ます。このスキャンデータを活用すれば、現時点での顧客の体型に完全にフィットしたオーダーメイド衣料を制作することが出来、そのクオリティは顧客満足度に直結するはずです。

また、オーダーメイドのクオリティだけでなく、顧客にとっての利便性も重要です。既にオーダーメイドスーツの分野では、申し込んだ顧客に小型スキャナーを郵送し、自分でスキャンしてもらって送信されたデータを元に、完成したスーツを郵送するというサービスが行われています。自分の家から一歩も出なくても、お店で計測してもらった場合より正確なサイズでスーツを届けてもらえるようになって、アパレル業界は大きな変化を迫られるでしょう。

他にも、女性用下着ブランドでは店舗に大型のスキャナーを設置し、多くの人が未体験の3Dスキャン自体を集客手段として利用したケースもあります。女性のブラジャーのためのサイズ計測の際、人によっては女性同士であってもバストを触られるのは不快と感じる場合もあり、そうした方にはボディスキャナーは喜ばれるでしょう。

スポーツジム業界の顧客満足度をボディスキャナーで向上

ボディスキャナーは人間の身体のサイズを測定するものですから、そのサイズのコントロールを目指すスポーツジム業界でもボディスキャナーには熱い視線が注がれています。多くの人は、ダイエットの際に体重や体脂肪率などの「数値目標」を設定し、目に見える数値目標をダイエットのモチベーションとします。

そこに3Dスキャナーを導入することで、新たに身体の各部位のサイズを数値目標としてもらい、体重や体脂肪率など、言わなければ他人にはわからないような数値ではなく、リアルに見た目のスタイルに直結する身体のサイズの数値を追ってもらうことが出来ます。

ほとんどの人にとって、ダイエットで大事なのは体重よりも見た目の変化であり、見た目は数値化出来ないから数値化できる体重にこだわっているだけです。ボディスキャナーの導入によって見た目の変化を正確な数値として把握できれば、より実践的なダイエットの目標が出来、そこに通うスポーツジムの顧客満足度に繋がります。

今後数年のうちに、スポーツジムでは体組成計と同時にスキャナーを導入するのがトレンドになるでしょう。スキャナーを置いていないジムは、選択肢から外してしまう人も増えてくるかも知れません。また、パーソナルトレーナーの指導を受ける際にも、ボディスキャナーのデータを活用して鍛えるべき筋肉を判断するなど、より効果的な指導が可能になります。

医療現場での顧客満足度をボディスキャナーで向上

3Dボディスキャナーか活用される現場で最も多いのが、病院などの医療現場です。最も、3Dスキャナーが活用されるのは患者がやってくる病院や診療所だけでなく、こちらから出向いて行う健康診断なども想定されます。企業や学校などで行う健康診断では、身体サイズの測定も行われます。

特に40歳以降になると、メタボリックシンドロームの診断のための腹囲計測などが行われますが、これをスキャナーで行うことで、被検査者のストレスを大幅に軽減できます。まず、スキャナーはレーザー光線を当てて跳ね返ってきた光を受信してサイズ計測を行うため、検査員が被検査者の身体に接触する必要がありません。

メジャーを当てて計測する必要がないため、被検査者は実質立っているだけで測定が終わってしまい、ノーストレスで測定を受けることが出来ます。男性の検査員が女性の測定をすることも可能で、女性スタッフを手配するコストも削減できます。

他にも、医療現場では一部のレントゲン検査を3Dスキャナーで代替できる場合もあります。レントゲン検査では放射線であるX線を使うため、年間の検査回数が多い患者は被曝量も増えてしまいます。

これは患者にとっても精神的な不安に繋がるため、3Dスキャナーで代替できる検査に関してはスキャンのみにすることで、被爆に対する精神的不安も、大掛かりなレントゲン室に入るストレスも軽減し、結果的に顧客満足度の大幅な向上に繋がるのです。

 

3Dボディスキャナーの導入によって、顧客満足度の向上が見込める3つの業界について順番に紹介させて頂きました。 医療、スポーツ、ファッションだけでなく、ボディスキャナーは多くの可能性を秘めています。 最新の技術と独創的なアイディアで、顧客満足度の向上を目指し業績を伸ばしている企業はますます増えていくでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧