スポーツジム・エステ・クリニック…導入企業増加中!お得な価格・アフターサービスが充実した3Dボディスキャナーサービスを紹介します!

裸でスキャンができるのか?服装の注意点は?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/05/26

正確な体の状態を知ることができて、健康や体作りにも利用できると話題になっているのがボディスキャナーです。最近では使い方も簡単になり、導入するところも増えてきています。しかし、使うときの服装の注意もあり、注意点を守って正確なデータを出して活かしましょう。また、裸だと使えるのかの疑問も解決しましょう。

ボディスキャナーの仕組みを利用しよう

どうしてじっとしているだけで体の内部やラインがわかるのかが不思議なボディスキャナーですが、科学的な作用を応用して詳細にわかる仕組みになっています。ボディスキャナーからはごく弱い電磁波が出ています。もちろん、これは人体に影響がない安全なものですから、過剰に心配することはありません。

普段の生活でも電波は多く出ているので、特に気を付けることはありません。電磁波は人体に当たって跳ね返って戻っていきます。このときの戻り時間や角度などから凹凸やラインを計算して出すことができます。計算するのは秒単位でおこなわれるので、瞬時に体系をチェックできる仕組みです。

今は進化して洋服を着ていていも利用できるマシーンが多く、どうして服の中身までわかるのかが不思議に思う方もいるはずです。使われている電磁波はとても透過率が高い種類で、洋服などがあってもその中身まで到達することが可能です。ですから、洋服をわざわざ脱ぐこともなくその下の体まで調べることができます。これなら気軽に毎日の健康や体のメンテナンスにも使えますから、変化を細かくチェックできたり、健康管理の面でも変化の見逃しを予防できます。

洋服を着て測定するときの注意点とは

ボディスキャナーから出される電磁波は洋服も通過できるメリットがあります。とは言っても、洋服着用時に測定する場合には注意点もあります。どうせなら正確に測定した方がいいですから、コツを抑えて測定するのが推奨されます。

まず、基本的にはどんな洋服でも一般的な素材の洋服なら大きな問題はありません。ゆったりとした洋服の場合は多少の電波の返りに誤差が出てくるので、数値にズレが発生するケースもありますが、それも稀にほんの少しの誤差です。今のボディスキャナーはどんどん進化しているので改善される傾向にありますので、着替えるのが面倒で測定自体をやめるよりも、コンスタントに普段着で測定するほうがおすすめです。

ただ、一番きっちりと正確な数値が出せるのは体にフィットした薄手の服です。例えばヨガで着るような服や水着などです。体系の矯正機能があるようなボディースーツだと、本来の自分の体形ではありませ。測定はできても把握と意味では正確ではありません。服装によって全く測れないということはありませんが、より細かく知りたいと思うなら、体にフィットして電磁波にとって遮るものがないことが好ましいです。ただ、あまり気にしすぎるよりも、身近に感じて利用しやすいほうが抵抗感なく使えます。

裸で測定した場合は影響があるのか

正しく、より細かく測定するには体にフィットした洋服がベストです。それなら裸が一番素の状態に近いと気づいた方もいるでしょう。確かに何も遮るものがないですし、ダイレクトに電磁波の照射を受けるので影響するものがありません。また、ボディスキャナーに使われている電磁波は、人体には全く問題がないですから、安全性の面でも懸念はありません。

実際に多くのボディスキャナーでは、裸でスキャンしても問題なくデータを得ることができます。そのため、最近では顔専用のボディスキャナーまで登場するくらいですから、裸であっても正確性と安全性の両面から気にすることはありません。しかも、より正確に出るので、少しの変化もキャッチできます。もし、人のいない場所で使うなら、自分の本当の姿の数値を知ることができるのでおすすめです。

服装を気にすることよりも大切なのが、スキャンするときの姿勢です。だんだんと測定時間も短縮されて機能性もアップしていますが、それでも測定中は動かずに同じ姿勢を保つことが必須です。自然と動いてしまいがちですが、それによって誤差が出てきますので服装以上の狂いが生じてしまう原因になります。意識して動かないようにすることが大切です。ボディスキャナーを使ううえでは、同じポーズを保つことのほうが重要なコツです。

 

体のメンテナンスに役立つのがボディスキャナーで、最近は使いやすい機種も多くなって注目を集めています。使い方の注意点としては服装は一般的な素材であれば、特に制限はありません。ただ、より体系にフィットした服のほうが細かく測定できます。

裸でも測定や安全で支障はありません。服装を気にすることはなく、気軽にいつでも測定しやすくなっていますが、測定中に同じポーズをキープし続けることは重要です。動いてしまうと測定値にズレが出てしまうので、正確な状態を把握できませんので注意が必要です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧